2018年度

2学期最後のクラブ活動

 6限に、2学期最後のクラブ活動を行いました。2月にある作品展に出品するため、作品作りに励むクラブもあるようです。できあがりが楽しみです。

page.jpg

書初め大会のご案内

 新年1月5日(土)に、藤池公民館にて書き初め大会が行われます。

 冬休み日誌と同じ課題ですので、毎年大勢の東栄小学校の児童が参加しています。参加賞もあります。各学年で賞に選ばれると、14日(月)に行われる「どんど焼き」の日に、表彰されます。ふるってご参加ください。保護者の方も、一緒に書き初めをすることができます。

書初め大会のお知らせ.pdf

1003.jpg

6年国際交流会

 マレーシアや中国の留学生の方を招いて、国際交流会を行いました。

 3限は、各クラスでそれぞれの国の紹介をしていただきました。4限は体育館に集合して、全員でゲームをして親睦を深めました。その後、給食を一緒に食べることで、子どもたちとの距離もいっそう縮まりました。

 帰り際に、留学生の方々が「とてもフレンドリーで、楽しかった」とおっしゃってくださいました。

DSCN0692.JPGDSCN0697.JPG

3年~5年道徳講演会

 「人と人とのつながり ~鍵盤ハーモニカとの出会い~」というテーマで、道徳講演会を行いました。

 音楽から学んだことや、鍵盤ハーモニカの魅了、東日本大震災ボランティアとして、現地でのコンサートの様子などをお話しいただき、人と人とのつながりの大切さを語っていただきました。もちろん、鍵盤ハーモニカの演奏も披露してくださいました。両手で巧みに演奏する姿は、すばらしかったです。

DSCN0683.JPGDSCN0680.JPG

各賞が決まりました

 東栄小「おっちゃんの会」が企画してくださったリアカー修繕にともない、側面に描くデザイン画を募集したところ、全部で63点もの応募がありました。

 地域学校支援推進事業の一環として、TESA活動に関わるそれぞれの団体から、おっちゃんの会賞、自治会賞、社会福祉推進協議会賞、民生児童委員会賞、校長賞を選出しました。中でも、おっちゃんの会賞に選ばれた2点については、リアカーのデザインに採用されます。

 先日9日より、おっちゃんの会が早速作業に取りかかってくださいました。今からできあがりが楽しみです。賞に選ばれた作品は、年明けに発表予定です。

DSCN0672.JPG

2年道徳講演会「生命のつながり」

  助産師さんを講師に招いて、2年生が命が誕生するまでの過程や、一人一人がかけがえのない大事な命であることを学びました。

 胎児の人形を抱っこしたり、子宮に見立てた袋から出てきたりする体験をしました。こうした体験を通して、自分は大切な存在であること、友だちも大切な存在であることを感じ取ってほしいと思います。

DSCN0650.JPGDSCN0655.JPG

DSCN0659.JPG

お話かあさん

 4日(火)と本日6日(木)の2日間にわたって、お話かあさんのお二人にお出でいただき、全学年に読み聞かせをしていただきました。

 子どもたちから「え~」「わ~」と、大きな歓声や笑い声があがります。軽快なやりとりが続き、子どもたちが合い言葉のように声をそろえて答えていました。子どもたちを引きつけるテクニックは、さすがです。あっという間に時間が過ぎていきました。

page.jpg

2年サツマイモおいしかったよ

 2年生が学年園で育てたサツマイモをゆでて、茶巾しぼりにしていただきました。手順をしっかり確認して、作っていました。出来上がったものは職員室にも届き、おいしくいただきました。

DSCN0637.JPGDSCN0632.JPGDSCN0631.JPG

 

3年人権教室

 人権擁護委員の方にお出でいただき、3年生が人権に関する出前授業を受けました。

 あるストーリーをもとに、いじめてしまう子の気持ちを想像したり、自分だったら・・・と考えたりして、意見を発表し合いました。大事なことは、一人で悩まず、誰かに助けを求めることです。

 素直で気持ちのよい子たちでしたと、感想を述べられました。訪問者の方に元気よくあいさつができたのも、3年生の子でした。

DSCN0619.JPG

DSCN0628.JPGDSCN0620.JPG

保健委員会の発表

 今日の児童集会では、保健委員会が「からだの元気はおなかから」というテーマで、発表してくれました。

 先週行われていた健康週間の結果から、毎朝排便のある児童は、半数もいないことが分かりました。他の項目には◯が付けられるのに、この項目に◯が付けられなくて残念な思いをしている子が多いそうです。

 良い腸内細菌を増やすには、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動の3つが大切です。「からだの元気はおなかから」を意識した生活を心掛けましょう。

DSCN0589.JPG