お知らせ

インフルエンザの予防には、手洗い、うがいが有効です。こまめに行いましょう。

最新情報

通学団会

 2学期の反省と、冬休みの過ごし方について通学団会を行いました。

 楽しい冬休みにするためにも、交通安全には特に気をつけて過ごしてほしいと思います。地域の方にあいさつもできると良いですね。

 明日は、終業式です。

CIMG2446.JPGCIMG2447.JPGCIMG2449.JPG

音楽の授業で発表会

 3年生以上の学年が、音楽の授業で練習してきた歌や合奏を担任の先生や授業でお世話になっている先生、時には他学年の前で発表しました。

 口の開け方や発声、合奏の練習をしっかりやってきたことが分かります。担任の先生が思わずうるっときてしまうのも分かります。2学期はこれで区切りをつけますが、3学期は「6年生を送る会」があり、どんな歌声や演奏が聴けるのか、今から楽しみです。

page.jpg

冬休み前のケータイ安全安心教室

 子どもたちが思わぬところで犯罪に巻き込まれたり、いじめにつながる行為をしてしまったり、自分や友だちの個人情報をSNSに流してしまったりしないように、冬休みの前に、3年生以上の学年がケータイ安全安心教室を行いました。

 ラインをしたことがある子どもたちは、予想よりもたくさんいることが分かりました。ご家庭でも、親子で話し合い、ルールを決めたりフィルタリングをかけたりするなどして、予防に努めてください。

CIMG2434.JPG

学校集会 校長先生のお話

人からほめられると、とってもとってもうれしいです。

ただし、人からほめられることは、少ないです。

だから、自分で自分をほめればいいのです。

「まほうの言葉」を毎日、100回言えばいいのです。

「まほうの言葉」、知りたいですか?

何と言うの?  (教えてください)

「私って、えらいね!」

「あなたって、えらいね!」

「み~んな、えらいね!」

たったこれだけです。

言ってみましょう。

「まほうの言葉」を言うと、

なぜか、心の中があたたまる感じになります。

「まほうの言葉」を言うと、

神様から○がもらえます。

「まほうの言葉」を言うと、

脳みそにとってもいい薬がでて、

健康になって、勉強ができて、かっこいい大人になれます。

「まほうの言葉」は、そっくりそのまま言います。

教えてもらった通りに言います。これが大切です。

「私って、えらいね!」

「あなたって、えらいね!」

「み~んな、えらいね!」

インプット・アウトプット・報告 そして 伝える

これで完成です。

お話、終わります。

6年生が英語劇の発表会

CIMG2417.JPG

 外国語活動で練習してきた成果を1年生や級友、先生方の前で発表しました。お話は、みんながよく知る「ももたろう」です。

 台詞は全て英語です。それでも1年生にも内容が分かり、大きな笑い声が何度もわき上がりました。すてきなアクター、アクトレスがたくさん登場しました。

CIMG2341.JPGCIMG2379.JPG

5年 認知症サポート講座

 認知症サポートキャラバンの方々にお出でいただき、5年生が認知症サポート講座を受けました。

 身近な人が認知症になったら、どのように接していけば良いのかを、寸劇を交えて一緒に考えました。登場人物は、「ちびまる子ちゃん」のまる子、ともぞう(まる子のおじいさん)、すみれ(まる子のお母さん)です。分かりやすい設定でしたので、具体的に考えることができました。

 少子高齢化が進む社会に生きる子どもたちです。共生していくことを小学生のうちから意識する機会となりました。

CIMG2322.JPGCIMG2325.JPG

道徳講演会 車いすバスケットボール

 車いすバスケットボールで活躍されている方々を招いて、3,4,5年生が実際にプレーを見せていただいたり、競技用の車いすに乗る体験をさせていただきました。

 足が不自由であっても、はつらつとプレーする姿や、その生き方に勇気づけられました。「ちがいを認めてともに生きる」という、本校の経営方針を改めて考える機会となりました。

CIMG2285.JPGCIMG2300.JPGCIMG2316.JPG

6年 租税教室

 6年生が、税金について考える機会をもちました。

 税金がなかったら、どんな町になってしまうのか想像すると、当たり前のようにある物やサービスが無くなってしまいます。子どもたちが、将来は自立して働き、立派な納税者になることをご家庭でも望まれているのではないでしょうか。学校の教員も同じ思いで子どもたちを育てていきたいと思います。

IMG_4959.JPGIMG_4961.JPGIMG_4966.JPG

さて、一番盛り上がったのは、1億円を持ってみる場面です。重かったでしょう。学校は、この約11個分(土地代は除く)でできているとのこと。学校の物は大事に扱ってくださいね。