児童会: 2017年度

児童集会

3/12(月)朝、運動場で児童集会を行いました。

 最初に、4年生が考案した「輪の中に何人入れるか?ゲーム」です。ナイロンテープの輪の中に、たくさんの児童が入りました。自然とスキンシップがとれました。

 次に、城山小学校キャラクター「やまッピー」の看板の紹介です。6年生の子どもたちや職員が頑張り、プロ並みのすばらしい看板ができました。

IMG_4393.JPG

IMG_4394.JPG

IMG_4399.JPG

IMG_4400.JPG

IMG_4401.JPG

IMG_4403.JPG

IMG_4391.JPG

エコキャップで作ったやまっピー

 本校のマスコットキャラクターは、「やまっピー」です。

 子どもたちが持ちよったエコキャップで、児童会の子どもたちが「やまっピー」を作りました。

IMG_3912.JPG

IMG_3913.JPG

児童集会

 12/11(月)朝、運動場で児童集会を行いました。

 今回は、福祉委員会が中心になって、福祉に関する3択クイズです。

 質問に対して、答えが1番だと思ったら手を挙げて立つ、2番なら手を挙げずに立つ、3番なら座るという方法です。

 子どもたちは、楽しみながら福祉について学びました。

IMG_3886.JPG

IMG_3889.JPG

後期児童会役員選挙(4~6年生)

 9/21(木)5時間目に体育館で、後期児童会役員選挙立会演説会が行われました。

 4~6年生の立候補者と推薦責任者が、公約などを訴えました。「いじめのない学校づくりを進めます。」「あいさつ運動を充実させます。」「ふれあいタイムを充実させます。」などという公約でした。

 学校を良くしたいという思いを行動に移していきたいですね。

IMG_3019.JPG

市長を囲む子ども会議

 7月28日(金)に、市議会場にて、「市長を囲む子ども会議」が行われました。

城山小学校からは、6年生の4名の児童が、旭小学校、白鳳小学校の児童と、市側から市長さん、教育長さん達が参加していました。

子ども会議は、2部に分かれていて、第1部では、「住み続けたい尾張旭市にするために」について、第2部では、「尾張旭市に必要な施設は」について、それぞれの意見を発表し、熱心な話し合いが行われました。

IMG_1203.JPG IMG_1204.JPG

IMG_1205.JPG IMG_1206.JPG

城山小の4名は、とても堂々と自分の考えを発表し、かっこよかったです。市長さんや教育長さんからの答弁は、とてもわかりやすく、市民のことを考えた市政が行われていることが伝わってきました。

IMG_1213.JPG

最後に、実際の投票箱に、自分の意見を投票しました。

4人にとっては、とても勉強になり、良い経験となったと思います。これからの生活や考え方に生かしていってほしいです。

委員会

 6/22(木)6時間目は、4~6年生は委員会活動です。

 児童議会は、城山小キャラクターを考えています。緑化委員会は、花の苗を運びました。福祉委員会は、鶴を折っています。

 このように、子どもたちは自分たちの学校を良くするように活動しています。

IMG_2515.JPG

IMG_2517.JPG

IMG_2518.JPG

陸上壮行会

 5/22(月)朝、運動場で児童会が陸上記録会の壮行会を開きました。

 児童会代表の応援メッセージ、選手代表の言葉、リレーの模範演技、選手の気合いの入った円陣のかけ声、校長先生の言葉です。

 とても上手にまとまってできていたので、大会でもまとまって競技できそうです。

IMG_8115.JPG

IMG_8120.JPG

IMG_8126.JPG

委員会(4~6年生)

 5/18(木)6時間目に、4~6年生が委員会活動を行いました。

 活動内容を話し合ったり、作業を行ったりしました。

 子どもたちは、自分達の生活を良くするために、考えたり、働いたりしています。

IMG_2253.JPG

IMG_2257.JPGIMG_2258.JPG

児童集会

 5/15(月)朝、運動場で児童集会を行いました。

 今回は、○×クイズを行いました。新学期が始まって1ヵ月過ぎたので、学校に関する問題です。「城山小学校は、男子の方が女子より多い。○か×か。」といった質問に、○なら立っている、×なら座るという形で答えていました。

 子どもたちは、正解をすると「やったー。」と言って喜んでいました。

 児童会の子どもたちがいろいろな企画を考えているようです。

IMG_8070.JPG

IMG_8074.JPG

エコキャップ活動(児童会)

 児童会が、「エコキャップ活動」を展開しています。

 ペットボトルのキャップ(ふた)を学校で集め、たまったら業者に回収してもらいます。ゆくゆくは、世界の子どもたちにワクチンを送るために役立てようとするものです。

 ご家庭にキャップがありましたら、お子さんに持たせていただけるとありがたいです。

IMG_2210.JPG

IMG_2207.JPG

IMG_2208.JPG