今、本地ヶ原にある歴史: 2017年度

今、本地ヶ原にある歴史(再録)

3年社会科で、地域について、昔の暮らしについて学習します。6年社会科では、日本の歴史について学習します。本地っ子には、本地ヶ原の歴史についてもぜひ知ってほしいと思います。

本地原小学校の校長として、学校の歴史や地域の歴史を知ることは大切であると考え、自分も1年目から資料を読んだり、話を聞いたりして勉強しました。2年目には、本地っ子にも知ってもらおうと「今、本地ヶ原にある歴史」と題して原稿を書き、校内に掲示したり、ホームページに掲載したりしました。今でも、昨年度のホームページの記事を見ることはできるのですが、見やすくするために再録することにしました。本地ヶ原の歴史については、本地ヶ原連合自治会のホームページの「本地ヶ原 今と昔」を読まれるとさらに詳しくわかると思います。ぜひお読みください。

下をクリックすると読むことができます。

今本地ヶ原にある歴史.pdf

本地ヶ原の歴史①.JPG本地ヶ原の歴史②.JPG本地ヶ原の歴史③.JPG本地ヶ原の歴史④.JPG本地ヶ原の歴史⑤.JPG

しだみ古墳群 整備中

地域の歴史に興味のある方への情報提供です。

尾張旭市の隣、名古屋市守山区にあるしだみ古墳群の整備が進んでいます。平成30年度フルオープンに向けて、まだ整備途中ですが、見学することができます。しだみ古墳群は、庄内川の南の河岸段丘にあり、矢田川の南の長坂丘陵にある長坂古墳群と似たものを感じます。

志段味大塚古墳は、壊れていた墳丘を直し、周囲に葺石、埴輪の複製品が並べて、当時の姿が復元されています。また、階段が設置され、墳丘に上ることができます。埴輪は、円筒埴輪だけでなく、出土したきぬがさ形埴輪やにわとり形埴輪も復元されています。

少し離れたところにある白鳥塚古墳にも階段が設置され、墳丘に上ることができ、100m以上ある古墳の大きさが体感できます。

まわりは住宅地で当時の面影はありませんが、東谷山だけは昔のままの姿を見せています。

どちらも近くに仮設駐車場があるので、車で行くことができます。くわしくは「歴史の里 しだみ古墳群」の公式ウェブサイトをご覧ください。

「歴史の里 しだみ古墳群」 ←クリックしてください。

IMG_1493.JPGIMG_1497.JPGIMG_1504.JPGIMG_1512.JPG

IMG_1511.JPG

白山神社の黄色い木

8月23日(水)に尾張旭市社会科部会研修会が開かれ、本校からも2名が参加しました。「村絵図」からわかる昔の尾張旭の様子について学びました。稲葉村の村絵図を見ると、本地原は一部畑があるもののほとんどが森でした。そして、その森の中に白山宮がありました。ある村絵図を見ると、白山宮を大木が囲んでいて、その葉の色が黄色になっていました。もしかすると、イチョウの大木があったのかもしれません。DSCN8951.JPG

1