お知らせ

風薫るさわやかな季節。学習にも運動にも最適です。

最新情報

アサガオを育てるよ-1年生活科-

アサガオの種の観察をしました。形・色・大きさ・固さ、たくさんのことに気が付きました。種を見てスケッチもできました。

DSCN1864.JPGDSCN1862.JPG

ホウセンカを育てるよ-3年理科-

3年生はホウセンカを育てます。まず、種の観察をしました。色や形をよく見てスケッチをすることができました。

DSCN1858.JPGDSCN1857.JPG

アサガオを育てるよ-1年生活科-

1年生がアサガオを育てます。今日はまず土入れをしました。一人で難しいところは、協力して入れました。土を手で平らにして、教室の前に並べました。次は種まきです。

DSCN1853.JPGDSCN1854.JPG

学び合い-6年社会 縄文時代から古墳時代-

縄文時代から古墳時代の学習のまとめとして、その時代の人々の様子から、人間とはどんな存在なのかを考えて、話し合いました。

・ 争いをする生き物 ・ 分かち合う生き物 ・ 差別をする生き物  ・ 名を残す生き物 ・・・

さまざまな意見が出されました。これからも、歴史の学習を進めながら、人間の素晴らしい面、愚かな面、いろいろな側面を考えていくとよいでしょう。

DSCN1845.JPGDSCN1850.JPG

学び合い-6年算数 面積-

面積の公式を使って簡単な求め方を考える門大和グループで話し合って発表しました。いろいろな求め方が見つかりました。

DSCN1847.JPGDSCN1849.JPG

子どもたちの「安心」「自信」「自由」のために-CAPプログラム保護者ワークショップ-

CAPとは、子どもがさまざまな暴力(いじめ、虐待、体罰、誘拐、痴漢、性暴力など)から、自分の大切なこころとからだを守るための予防教育プログラムです。今年度も、保護者を対象にワークショップ形式での研修会を行いました。2学期に4年生に行う子どもワークショップを体験し、子どもが自分で自分を守る方法を学びました。また、具体的にできることの練習をして、言い方によって、子どもがどんな気持ちになるかを想像しました。

暴力を受けた人は、「恐怖・不安」「無力感」「選択肢がない(→自殺)」という状況に陥ります。そこからCAPでは、「安心」「自信」「自由」の3つの権利を大切にします。

「恐怖・不安」→ 「安心」

「無力感」  → 「自信」

「自由」   → 「自由」

具体的にできることとして、

① 暴力防止について子どもと話し合う

② 問題を抱えている子どもの示すサインや共通する心理を理解する

③ 子どもの話を聴く

また、大人の無意識な言動が子どもの心を傷つけることがあるという話もありました。

講師の皆様、いろいろ考えさせられるお話や劇をありがとうございました。

参加された保護者の皆様、ご参加ありがとうございました。

DSCN1842.JPGDSCN1844.JPG

昔も今も -2年音楽 「茶つみ」-

♪夏も近付く 八十八夜~、誰もが皆、「茶つみ」を歌いながら、二人組で手を叩いたり、手を合わせたりする遊びをした経験があると思います。今も「茶つみ」は教科書に載っていて、子どもたちが楽しそうに歌いながら手遊びをしています。

DSCN1836.JPGDSCN1837.JPG

なかよしルーム相談室だより

なかよしルーム相談室だより.pdf