お知らせ

今年度のゴールが見えてきました。やり残しのないよう、前向きに取り組んでいきましょう。

最新情報

3年社会科 昔の話

本地ヶ原校区連合自治会長 榊原剛さんに昔の暮らしについて話していただきました。榊原さんは本地原小学校ができた時、小学1年生の元祖本地っ子です。昔の暮らしの楽しかったことや大変だったことがよくわかったと思います。

IMGP0014.JPGIMGP0026.JPG

読み聞かせ 2/1

本日、読み聞かせを行いました。節分が近いということもあり、紙芝居「おにはそと ふくはうち」を読みました。物語の途中で、『本物の鬼』が登場し、子どもたちは大興奮でした。節分の豆の代わりに新聞紙を丸めた豆で、豆まきも体験しました。たくさんの子どもたちが参加してくれ、とても楽しい読み聞かせになりました。

IMG_1738.JPGIMG_1742.JPG

人を笑顔にする願い

300201人を笑顔にする願い.JPG

今、本地ヶ原にある歴史(再録)

3年社会科で、地域について、昔の暮らしについて学習します。6年社会科では、日本の歴史について学習します。本地っ子には、本地ヶ原の歴史についてもぜひ知ってほしいと思います。

本地原小学校の校長として、学校の歴史や地域の歴史を知ることは大切であると考え、自分も1年目から資料を読んだり、話を聞いたりして勉強しました。2年目には、本地っ子にも知ってもらおうと「今、本地ヶ原にある歴史」と題して原稿を書き、校内に掲示したり、ホームページに掲載したりしました。今でも、昨年度のホームページの記事を見ることはできるのですが、見やすくするために再録することにしました。本地ヶ原の歴史については、本地ヶ原連合自治会のホームページの「本地ヶ原 今と昔」を読まれるとさらに詳しくわかると思います。ぜひお読みください。

下をクリックすると読むことができます。

今本地ヶ原にある歴史.pdf

本地ヶ原の歴史①.JPG本地ヶ原の歴史②.JPG本地ヶ原の歴史③.JPG本地ヶ原の歴史④.JPG本地ヶ原の歴史⑤.JPG

皆既月食

南東の空、冬の大三角形が輝く隣に皆既月食を見ることができました。月が地球の影に完全に入っても、見えなくなるわけではありません。赤っぽく暗く光っています。昔の人は不吉なものと見たのでしょうか。西行法師の歌が残っています。

忌むと言ひて 影に当らぬ 今宵しも 破(わ)れて月見る 名やたちぬらん

(世間の人々は月蝕は不吉だと言って光にも当たらないようにしているが、私はそういう月であればなおさら無理をしてでも見ようとする。奇人変人の悪い噂が立たなければよいのだが。)

実はそういう噂が立ってほしいと思っているようにも感じられる歌です。

IMG_1872.JPGIMG_1877.JPGIMG_1880.JPGIMG_1883.JPG

4年学年だより 2月号

4年学年便り 2月号.pdf

6年 2月号

6年2月号 ホムペ.pdf

1年生活科 昔の遊び

花いちもんめをして楽しく遊びました。

DSCN0341.JPG